DJやきいものアラサー成長日記

ゆるく浅ーいアラサ―女アイドルヲタの雑記ブログ。北海道苫小牧市から発信。

焦るアラサー女が30歳目前でゴールイン!それでも相手に求めたのは「総合力」!?

 

こんにちは!

DJやきいもです!

 

今日はこちら!

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

アラサ―女なら、誰もが意識する”結婚”のワード…

世の中みんな、どうやって結婚に踏み切ってるの?!

今日はそんな結婚の決め手”になったキーワード

掘り下げていきたいと思います。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

▼ちなみに、すべて私の経験に基づいた主観の話です。

※「そーいう人もいるんだー」くらいで留めておいてください。(笑)

 

25歳で結婚するものだと思ってた。

 

 私、「25歳くらいまでに、結婚できればいいやー。

なんて、ぼんやーり考えてました。もちろん、学生時代なんて目の前の恋愛で頭いっぱいですし。他にもやることたくさん。遊びとか、勉強とか。

いざ就職して社会人になろうとも、勝手にそのくらいにつき合っている良い人と、結婚して子供産んで…ってなるんだろうなーって、思ってました。

 

甘い

 

甘かったです。(笑)

当然、順風満帆に大学卒業して当時の恋人とゴールイン!とか

スムーズに幸せを掴んでる方はもちろん居ると思います。

(むしろそのほうが多いのかな)

だがわたしはそうはいかなかった…

↑これは平均初婚年齢推移です。

(Twitterより引用)

 

まあ確かに、晩婚化といわれるこの時代ですから。

なんだかんだ女性の社会進出と共に、女性の初婚年齢は20代後半に推移していってるわけですね。

だからなんとなーく、時代の流れもこうだし!このくらいまでには結婚出来るでしょ!

と、ドンと構えている方も少なくないのでは?

実際にわたしもそうでした。まずは仕事をして、お金を貯めて。

女性として輝いてきたころに、突如として理想の相手が目の前に…

という人生計画でした。(実際には貯金も貯まらないし散々でした笑)

 

でもね。

わたしはまあなんとかなるかなー!

なんて調子では、なかなかうまくいかないことに気付き始めました。

25歳を過ぎ気付いたら、一人。また一人と独身卒業していく友人たちを横目に

一人焦っていましたから。

 

しかし焦るのはよくないとわかってます。でも、

周りの結婚ラッシュに焦らない女性なんていますか?

 

いいんですよ。焦っても。順番なんて誰にもわからないんですから。

デパートに閉店間際取り残されたら、誰だって焦りますよね。

だからといって、周りが見えなくなると、取り残されてしまいますから。

冷静になって、出口に向かって進めばいいんです。

 

と、言い聞かせる。

言い聞かせるって、結構大事ですよ!!(笑)

 

恋愛との違い

 じゃあ、結婚って何?

恋愛と何が違うの?恋愛の延長線上?なにそれおいしいの?

 

結婚 - Wikipedia

f:id:djyakiimo0611:20180830193948p:plain

 

「恋愛」と「結婚」の大きな違いは、

まず一つに、「法律」が関わってくる事だと私は思います。

 

”恋人”が浮気しても、別に罪には問われません。

(相手が結婚してたら別ですよ)

ところが、婚姻関係にある、夫または妻が浮気した場合。それは”不倫”となりますから、当然”不倫”は罪に問われるわけですね。

(民法の範囲内ですね)

 

そして二つ目は、「ファンタジー」です。(これは完全に持論)

恋愛アミューズメントのようなものだと感じます。(ドヤ顔)

先ほどのような法律もなにも絡んできません。自由にできます。

「相手が好き」って事以外、別に何も考える必要ないからです。

中高生のカップルなんて見てたら、本当楽しそうですもんね。笑

 f:id:djyakiimo0611:20180830205632p:plain

ただ結婚はそうはいきません。考える事がたくさんあります。

恋愛に儀式は必要ありませんが、結婚はするしないに関わらず式が存在します。

両人家族も関わってきます。法律上の制限もあります。

”婚姻”として締結するわけですから、社会的な部分と交わることになります。

ゆえに「ファンタジー」は薄いですよね。

(当たり前ですけど)

少し、パブリック寄りなのかも。

 

例えるなら、

民間企業(=恋愛) と 公的機関(=結婚)

って感じですかね。笑

 (んー。違うかなぁ。?笑)

 

 ※あくまで、私の個人的な見解ですからね!!

 

ただ要するに、全く別のものとして考えています!

(これは言い切っちゃう) 

f:id:djyakiimo0611:20180830212409p:plain

 

決め手は「総合力」

 私は昨年に当時27歳で結婚しました。

いわゆる「新婚」なわけです!(良い響きですね…!)

 

「何が決め手だったんですか?」

 

って結構聞かれます。

ズバリ言います。

 

総合力」です。

 

自分に必要なものではなく、相手に求めたものについて書いていきますね。

こうすれば結婚できる!!とか恋愛結婚の指南ではないです。

 

ん?

何、総合力って偉そうに…

はい。その通りです。すみません。(笑)

 

つまり、

スペシャリスト」ではなく「オールラウンダー」

かどうかを求めていました。

 

恋愛においての相手を選ぶポイントって、

優しいから!」とか「イケメン」だから!とか

車がかっこいい!素敵!」とか

好きな芸能人に似てる!」からとか。

結構シンプルな理由だと思います。

 

たとえばですけど、

恋愛は、数学が20点…けど国語が90点だからまあOK!次回数学頑張りましょう!

ってなります。(ひどい例えだなw)

でも結婚は。

数学50点。国語50点。

(相手が)自分の中の全てにおいての平均点(自分定め)をクリアしている!

というところがポイントになっていました。

 

私で言うと、その「総合力」の十分すぎるほど高かったお相手様が、

晴れて旦那様となったわけです。

 

でも、誰でもそうなのかな?

皆さんは、結婚や恋愛においての決め手ってなんでしたか?

(逆に問いだす)

是非コメントお待ちしてます。(笑)

 

まとめ

 昨年。

お笑い芸人の横澤夏子さんが結婚されましたよね!

長い婚活の上でのゴールイン。本まで出されたそうです。

いわゆる「駆け込み婚」「追い込み婚」と呼ばれるものだそうですね。

 


追い込み婚のすべて (JJムック)

 

 

焦る気持ちはわかります。

20代だって30代だって、焦る人は焦りますから。

この分野の正解ってないので、その人に合った正解を信じ続けるしかないんです。

 ここまで言いましたが、「スペシャル」を求めても全然良いと思います。

それがその人の正解であれば。

私はそれでも、全体を通しての平均点がほしかったので。

「総合力」という言葉を使いました。

 

ただそのうえでも、

自分の譲れないポイントだけは、絶対に妥協しないでください!

 

 

結婚というか、人生に関わってくる全ての決断の場面で必要なことなのかもしれませんね。

車を買うとき、家を買うとき。

 

 

 はい。

ということで、「総合力」を決め手にするという 

一人の既婚女性の持論を展開してきました。

 

駄文で失礼いたしましたが、 

この記事が、 何か皆さんの今後の足しになると幸いです。

 

 

 ささやかですが、皆さんの幸せを願っています!!

 

ではまた、恋愛コラム回でお会いしましょう!

 

 

本日の一曲。

 

彼氏はいません今夜だけ

彼氏はいません今夜だけ

  • provided courtesy of iTunes

 

DJやきいも