DJやきいものアラサー成長日記

ゆるく浅ーいアラサ―女アイドルヲタの雑記ブログ。北海道苫小牧市から発信。

USAで再ブレイクのDAPUMPに続くのは?同じ事務所のあのグループが驚く程スタイリッシュになってた件。

 こんにちは!

 

DJやきいもです。

 

今年大ブレイクした、

USAでおなじみのDAPUMP

アラサーなら思わず、「え?DA PUMP?!」って思ったことでしょう。

しかしそんな驚きの進化を遂げたグループが、

同じ事務所にまだもう1グループいます。

 

そう。

w-inds.です。

 

アラサー女子なら聞いた事があるかと思います。

あの3人組のダンスボーカルユニットですね。

w-inds.ってどんなグループだったっけ?

 


Forever Memories(MUSIC VIDEO Full ver.) / w-inds.

w-inds. - Wikipedia

橘慶太(ダンス・ヴォーカル・ラップ)

緒方龍一(ダンス・コーラス・ラップ)

千葉涼平(ダンス・コーラス・ラップ)

の3人からなるユニットです。

 

その透き通った声、伸びるファルセットが特徴のボーカル慶太君の歌声に、

当時若かった女子たちは魅了されていましたね。

容姿も淡麗、高身長。申し分ないですね。(笑)

そしてラップで沸かせる龍一君と、ダンスの涼平

こんなイメージだったかと思います。

 

デビュー曲は「Forever Memories

2001年リリースです。もう…17年?前の話。

んー懐かしい。。。

イントロがもう、懐かしすぎる。

当時のアイドル業界からすると、歌って踊って、本格派ユニットでした。

 

超絶スタイリッシュに神化しました 


We Don't Need To Talk Anymore(MUSIC VIDEO Full ver.+15s SPOT) / w-inds.

ラジオから突然、耳に残るキャッチーなメロディが流れてきたんです。

多分全米ビルボードチャートなんだろうと思ってました。

洗練された今流行りのエレクトロのような、ハウスのような…

ダンスミュージックなんだろうなーと思ってました。

 

衝撃でした。

 

「お聴きいただいたのは、w-inds.で、…」

え?

w-inds.ってあのw-inds.?

やばい進化してるやんけ!!

だってまだ声変わりしてない、あの甲高い高音でがっつりJ-POP歌ってたんですよ。

失礼ですが、その記憶ですっかり止まってました。

時代とともに、進化してる!!!!

めちゃくちゃかっこいい。

 

テイストとしては、

どこかThe Chainsmokresのような。

 

Chillな感じと、プラスエモーショナルな落ち着いた雰囲気がどことなく

インスパイアされてる感じがします。

うーん。オシャレになったなあ。まさにこのアラサ―年代にウケそうな、

しっとりとした感じがいいですね。

あの時は学生だった方も、就職や結婚など様々な時を過ごしてきたはず。

同じ世代の音楽も、成長していたんですね。

にしても、音楽が大好きでたまらないんでしょうねー!

素敵だー!

 


Dirty Talk(MUSIC VIDEO Full ver.)/ w-inds.

 

再ブレイクの予感?USAに続け!

 そう。雰囲気がアダルトになり、かなり曲調も変わり。

しかも龍一くんも涼平くんも、がっつり歌ってるし!!!

これは確実に進化しましたよね!!

なんでも、慶太君は曲作りからミックスまで行い、渡米までして力をつけてきたそうですよ。

この前のブログで、アイドルからアーティストへ。という内容の記事を書きましたが

www.djyakiimo.work

 これは女性アイドルの話をしましたが、(欅坂46のはなし)

まさにw-inds.はその男性アイドル版といったところでしょうか。

若かりしアイドル時代から、大人になり経験と実力を鍛えてきたんでしょう。

これは…今後かなり期待できそうです。

 

 

まとめ

f:id:djyakiimo0611:20180901131722j:plain

 今年は「USA」で一世を風靡したDA PUMP

やはり二組に共通しているのは、若いころにデビューし、実力をつけた

経験があるということ。そして大人になった今も、それぞれの音楽を楽しんでいるといったところではないでしょうか。

今の若い方は、USADA PUMPを知ったという方がほとんどでしょうから、

きっとこのw-inds.がブレイクを起こすと、たちまち昔の楽曲にも魅了されることと思います。

 

昨今、色々な批評がある音楽業界。

時代のカラーを映し出したかのような、先進的な音楽は

敏感な今の人々の心をまたひとつ掴むかもしれません。

 

w-inds.

今後、目が離せませんね!


w-inds. LIVE TOUR 2018 "100" [初回盤DVD]

本日の一曲

 

Long Road

Long Road

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 DJやきいも