DJやきいものアラサー成長日記

ゆるく浅ーいアラサ―女アイドルヲタの雑記ブログ。北海道苫小牧市から発信。

デビューから3年も経たずして若き天才が引退。そのアーティストとは?

こんにちは!

DJやきいもです。

先日電撃引退を発表した”ぼくのりりっくのぼうよみ”。

若き天才は何故その活動にピリオドを打ったのか。その人物に迫る。

 

まず、ぼくのりりっくのぼうよみって、誰。

ぼくのりりっくのぼうよみ 

ぼくのりりっくのぼうよみ - Wikipedia

1998年2月12日生まれ。20歳。

神奈川県横浜市

通称:「ぼくりり」。

ジャンルはヒップホップやJPOPなど。

動画サイトニコニコ動画で「紫外線」という名前で活動していた。

そのポップな楽曲と、学生とは思えない卓越したリリックが特徴。

全国各地の音楽フェスにも多数出演。

 

 業界では、サカナクションのボーカル山口一郎氏も絶賛するほどの才能を持つ。

自身もファンではるかぜちゃんで御馴染みの春名風花さんも、その発表に思わず反応。

www.oricon.co.jp 

私も、最初は衝撃でした。

まずそのネームインパクトですよね。全部ひらがなで想像もできないアーティスト名。

なに?だれ?一人?アイドル?バンド?

正直言って、曲のイメージすら湧きませんでした。

でも、一度曲を聴くとそのギャップにやられます。


ぼくのりりっくのぼうよみ - 「輪廻転生」Music Video

ガッツリ、HIPHOP

日本語ラップで淡々と響いてくる歌詞と、落ち着いたメロディ。

弱冠20歳とは思えないほどの器です。

 マッドな曲調から、すっきり爽やかな夏ソングまで幅広く手がけていました。

資生堂「アネッサ」CMソングにも起用。

SKY's the limit

SKY's the limit

  • provided courtesy of iTunes

 ベイビーフェイスとは裏腹に醸し出すお洒落な曲調。

甘い歌声からくる日本語の独特のリリック。

その存在感はKREVAを思わせるような伝わるHIPHOPでした。

 

3年も経たずに引退。その訳とは?

www.musicman-net.com

天才も、天才なりの悩みがあるんですねぇ…。

自分が自分でわからなくなった、と。

周囲にその個性を評価されればされるほど、よくわからなくなっていったといいます。

音楽性はピカイチと評されているぶん、惜しまれます。 

 

なお、音楽活動は来年2019年の1月をもって終了するとのこと。

最後に全国ツアーをして、その活動に終止符が打たれるそうです。

停滞する音楽業界にはたまた米津玄師のような同じ動画サイト出身の天才が現れたと思えば、

わずか3年も経たずして消えていく。

なんとも惜しい存在です。 

 

 


BARFOUT! 258 神木隆之介×ぼくのりりっくのぼうよみ (Brown's books)

 

 

 

 

まとめ

今年、引退したアーティストといえば安室奈美恵さんですが、

自身でその引き際を決めるというのはそう容易ではないことでしょう。

導いたその答えには、音楽に対する考えや想いが詰まっていることと思います。

 

若き天才と称された、”ぼくのりりっくのぼうよみ”。

 最後の全国ツアーやライブは、その魅力で素晴らしいステージになることが想像できます。

 ファンにとっては早すぎる引退発表に戸惑いを隠せませんでしたが、

ラストの”終幕”までしっかりと楽しんでその姿を目に焼き付けておきたいものですね。

 

 活動を終えた後も、その残された楽曲たちは愛され輝いていると思います。

 ファイナルの瞬間まで、目が離せませんね。

 

最後に、配信の新曲がえげつない良いので本日の一曲にいたします。(笑)

秋の夜長に、是非。

 

本日の一曲。

 DJやきいも