DJやきいものアラサー成長日記

ゆるく浅ーいアラサ―女アイドルヲタの雑記ブログ。北海道苫小牧市から発信。

北海道胆振東部地震から2か月。教訓を活かすということ

2か月前、北海道を襲った地震

北海道胆振東部地震から今日でちょうど2か月です。

改めて、この地震により被害に遭われた方へ心より御見舞い申し上げます。

今日は北海道の今と、今後の地震に関する情報などをまとめていきます。

あれから2か月

www.djyakiimo.work

 

季節ももう秋から冬へと移り変わろうとしています。

厳しい冬を迎える北海道。幸いなことに、今年は暖冬の予報だそうです。

初雪の観測も例年より遅いようですが、だからといって安心するべからず。

”冬”への準備に加え、今年はいつにも増して”災害”への備えももう一度確認したいところですね。

あれから、北海道では色々な動きがありました。

復興割など観光面での動きや、被災地の仮設住宅の入居への準備など。日々前向きに、少しづつ日常を取り戻しています。

その一方で、札幌市清田区などの液状化問題など、未だ生活に支障が出ている不安な状態の地域もあります。そして避難している方も未だ150人ほどいらっしゃるそうです。

それぞれ前進している中で、完全な復興と呼べるまでにはまだまだ時間はかかると思います。

 

11月現在、余震とみられるような体感地震は減りました。

私自身も、震災前の生活に完全に戻っています。

ただ、やはりどこか地震に対しては敏感になっている自分がいます。

時期的にも忙しくなるこの冬に向けて万全の備えで、今年1年を越すことができればなあと思います。

www.djyakiimo.work

 

南海トラフ地震”とは?

f:id:djyakiimo0611:20181106160028j:plain

 

▼最近よく聞く”南海トラフ”とは? 

最近よく耳にするようになった”南海トラフ”という言葉。 

昨今、テレビなどでも特集されたりしていますね。

gendai.ismedia.jp

南海トラフ巨大地震とは具体的には東海・東南海・南海地震と呼ばれる複数の地震が組み合わさり、巨大地震となることを指すそうです。

もちろんそのどれもが同時刻に発生するのか、そのどれかが発生するのか。

はたまたどれも被害が最小で済む程度のものなのか。誰にもわかりません。

地震の”予知”は不可能ですから、過去のデータに基づいた専門家のうたう”可能性”に対しての備えは、必要不可欠となりそうです。

 

北海道の地震を受けて私は地震速報や情報をみることが多くなりました。

そこで分かったことは、震度1だろうと毎日のように日本のどこかで揺れているということです。

私の住む北海道でさえ、他人事には思えません。

どこでどう派生するか、自分がその時どこにいるのか。わからないからです。

震源から遠いところなら大丈夫なんて考えは通用しないのです。

 

 

冬に向けての対策を

f:id:djyakiimo0611:20180926203132p:plainf:id:djyakiimo0611:20180911211926p:plain

www.djyakiimo.work

正常性バイアス”と呼ばれる心理学用語があるそうですが、災害を前に多くの日本人が『まさか自分には当てはまらない』『自分の所にはないだろう』

という状態になるそうです。

正常性バイアス - Wikipedia

極端な話、99%こないだろうと言われているものに対してさえ、しっかりと100%の準備をして欲しいくらいです。

準備が無駄であることにこしたことはないですので。。

 

でも怖いけど、どうせ何もできないよ。じゃあ何をすればいいんだよ。って方へ。

是非下記の項目をチェックしてみてください。

  

 ̻☑懐中電灯はあるか?

 ☑電池の予備は何個あるか?(単3など特に)

 ☑ 携帯型ラジオはもっているか

 ☑常備食は何日分あるか

 ☑これらをまとめた防災リュックはいつでも取り出せる箇所にあるか

 

チェックするだけでもいいんです。

何があって何がないのか、いくつあるのか。人数分足りているのか。

すぐに調達できるのか。災害時にもすぐ手に入るものか。

ちょっとでも頭の片隅にあると、意外といざというときに思い出したりします。

 

そして防災は季節を踏まえて行動することが重要だと思います。

これからの季節、冬の夜の寒さに耐えられるだけの備えはあるのか。

 以下のものは最低でもあるといいですね。

 

 ☑カセットコンロ

 ☑カイロ

 ☑保温・防寒レインコート(ポンチョ)

 

保温・防寒レインコート

 


アウトドア 災害用 便利なポンチョ 簡易トイレ用 目隠しシート めかくしシート ポンチョ サバイバルシート 防寒シート 2way 災害用 避難用 地震 地震用 避難グッズ 災害グッズ 地震対策 災害対策

 

これ役立つと思います!

北海道って夏でも夜は平気で寒いんですが、野外フェスなどで非常に役に立ちました。

広げればトイレなどの目隠しにもなるそうです。確か、似たようなものが100円ショップにもおいてますので、100円でいつかのときに役立つなら安いもんですよね。

あるだけで少しは安心します。(多分私はリュックの中に3個くらい入ってます(笑))

Amazonでも売ってますし、この機会に是非チェックしてみては。

 

 

まとめ

正直いうと私は北海道には大きい地震は来ないだろうと高をくくっていました。

まさか、自分の住んでいる地域が、と思いました。

でもそのまさかになってしまうとは夢にも思いませんでした。

 

このような地震に関するニュースや情報などは色々な所から入ってきます。 

私もブログでしつこいくらいに記事にしていますが、

やみくもに不安を煽るわけではありません。

 ただ、今回のこの胆振東部地震を受けて感じた『他人事ではない』ということを伝え続けたいのです。

こういった地震が起こる可能性というと、専門家でもあくまで”可能性”に留まります。

1秒後か100年後かはわかりません。

私自身も怖いですが、もう今や備えという安心材料は本当に不可欠ですので。。

 

 

ブログを通じて耳にタコができるくらい聞いたよ~という方がいらっしゃったらそれはそれは色んな意味でありがたいです。(笑)

私にできることは、教訓を活かして伝え続けることくらいなので。

これからも こうした節目の時期には、特に広げていきたいと思っています。

 

それにしても、ボタン一つで欲しいものが届く今の時代は便利だなあ…

是非、この記事を通じて必要なものがあればチェックしてみてください!

 

DJやきいも