DJやきいものアラサー成長日記

ゆるく浅ーいアラサ―女アイドルヲタの雑記ブログ。北海道苫小牧市から発信。

今流行りの”レンタル彼女”とは?代行サービスの変化に迫る

最近、『彼女代行サービス』こんな言葉を耳にしたことがある。

思わず耳を疑ったが、そういったものが現実に存在するらしい。

 

今日はそんな新たなサービスの実情についてピックアップしていこうと思う。

※ちょっといつもと記事のテイストを変えています!あしからず

まず代行サービスって何

f:id:djyakiimo0611:20181107170817p:plain

”代行”と聞くとまず浮かぶのは『運転代行サービス』だと思う。他には家事代行なんかも聞いたことがある。

いわゆる”レンタル”だ。DVDや車などはすでにレンタルの定番の商材となっているが、まさかこんなサービスがビジネスとして出てくるとは…。

私は前職がレンタカー店員である。

複数の会社でお客様に何かを貸し出すということの流れはある程度経験してきた。

フローとしては時間貸が軸になっていて、予約→来店→説明→貸出という流れが一般的だと思う。(もちろん会社にもよる)

その、彼女版ということ?全く理解しがたいサービスだ…

が、俄然興味が出てきた…

レンタルの概念そのものが揺らぐ…。

 

まずレンタルビデオの歴史をたどると、日本では今から90年代にさかのぼる。

ビデオテープからDVDに移行したのは2000年以降とのこと。

レンタルビデオ - Wikipedia

レンタカーに関しては、フォードモデルを営業として貸し出したのが始まりと言われているらしい。(諸説あり)

レンタカー - Wikipedia

 

どちらにせよ、昔から馴染みのある貸し出しサービスといえば、この二つになるだろう。

 だがもはや今の時代、レンタルというサービスの形態そのものに大きな変化が生じてきた。時代に沿ったコンテンツがどんどん増えてきた。

ではどういった内容のものがあるのか?

早速3つ、ご紹介していこう。

 

 

 

彼女代行サービス

f:id:djyakiimo0611:20181107172221p:plain

 ▼レンタル彼女

biz-journal.jp

いわゆるデート代行というヤツ。

クルマと同じようなシステムで、時間貸が基本システム。

設定された時間の間だけは、お客様の彼女として振る舞ってくれるらしい。

うーん…怪しい。(笑)

実に怪しすぎる。もうスレスレ感がすごい。

この言葉を聞いて疑問しか湧かないくらいだ。 だが非常に好奇心をくすぐる…

 

一応、手をつないだりと『彼女感』のある仕草はOKらしい。ただもちろん、性的なサービスなどはNG。当然である。

意外にも顧客満足度は高いらしく、その柔軟な対応によってあたかも自分の彼女であるかのようにデートを楽しむことができるようだ。

 

テレビ番組でも特集されたこのサービスは、

いわゆる『男たるもの、死ぬまでに女の子とデートしてみせる』という頑なな意思を全うするための夢のようなサービスなのだ。

なんだか試してみたいと思う反面、そんなのにお金出すんかい…という声も聞こえてきそうだ。この”レンタル彼女”という言葉のもつインパクトは凄まじい。

 

 

 

妹代行サービス

f:id:djyakiimo0611:20181107172359p:plain

 ▼レンタル妹

続いて、レンタル妹。

世も末である。(笑)

しかしなかなか興味深いところでもある。一体どんな内容なのか?

www.excite.co.jp

ふむふむ。

一応、妹というよりかは、”兄弟レンタル”というカタチだそう。

平たく言えば、家族代行というものになるのだろうか。

確かに、一人っ子の私にはかなり夢のあるサービスだ。誰もが、一度は『姉が欲しい、兄が欲しい、弟が欲しい』なんて思ったことがあるかもしれない。

その希望はもちろんほぼ叶わないものなので、(例外はある)

ほんの一瞬だけでもほしかったきょうだいの雰囲気を感じることができるのは、かゆいところに手が届くといったものか。

 

仮に希望のきょうだいをレンタルしたとして、皆さんならどんなことをしたいと思うだろうか?

(女性が妹レンタルもありなのかが凄く気になる)

 

なんでも、訳あって人にきょうだいを紹介できない!とか、実は絶縁状態で…などという場面によく需要があるそうだ。

そういう手助けになるのだから、少なからずありがたいサービスなのである。

 

それにしても…なんだか色々考えてしまうネーミングなので、(笑)

一般には『家族代行』で知れ渡ってほしいところだ。(笑)

 

リア充代行サービス

f:id:djyakiimo0611:20181107172516p:plain

 SNSリア充をアピール!

 これこそ世も末である。

今やあって当たり前のツール『SNS』。現代の人間関係はこの存在に多大な影響を受けているといっても過言ではない。

会って話す。電話で話す。メールでやり取りする。従来のコミニュケーションに加わえられた、新たなコンテンツ。

どうやらこれが、人間関係のこじれが起きる要因になっているらしい。

 

リア充”という言葉をご存知だろうか。

リア充 - Wikipedia

リアル(=実生活)が充実しているという意味のネットスラングだが、この言葉に右往左往させられてる人も少なからず存在する。

いずれにせよ現代人は人間関係で何かしらのストレスが生じているので、そんな問題を万事解決!といった調子のものだ。

 

『え、〇〇ちゃんこないだ△△のパーティ行ってる~!すごいね~!』

『□□君、もう一人友達連れてきてよ!そしたら合コン、人数バッチリなんだ~♪』

 

上記のようなシチュエーションだろうか。いわゆる友達のフリをしてもらったり、自分は交友関係が広いよ!というアピールにつながるサービスだ。

 

このサービスの最大の難点は、契約が終わり我に返ったときの喪失感だろう。

こんなに寂しさを直に受けることがあるか。(笑)

悲しいかな、需要と供給のバランスは成り立ってしまっている…。

悩める現代人にとって、

円滑な人間関係を進めていくには、必要なサービスなのかもしれない。

 

 

まとめ

 という事で、レンタルという市場に新たな枠が広がってきているのはお分かりいただけたろうと思う。

驚くのが、このどれもが需要があるということ。もちろんビジネスとして成り立っているのだ。(当たり前のハナシだけれど)

なんだか妄想の中で考えていたような、頭の中で思い浮かべていたことが現実に存在してしまうのだ。そのユニークな発想力に頭が上がらない。あっぱれである。

(誰がこんなこと始めたんだろうねってなる)

そしてそれが成り立つというこの時代に乾杯したい。

鉄腕アトムや、猫型ロボットも目にする日は近いのか。

近未来感さえ感じる、そんな時代のニーズに合ったビジネス。

 

さて、数ある代行サービスの中で、あなたはどれを利用したいと思うだろう? 

 

はたまたこんな代行サービスがあったら便利なのに、とアイデアまで浮かんでくるかもしれない。 

ちなみにこれらの他にもたくさん種類があるらしいので、気になった方は、

 

『ファミリーロマンス』で検索すると、様々なカテゴリーを利用できる。

(TV取材なども来ているようなのでちゃんとした会社様だと思います多分)

あくまで取り上げたものはこれらのひとつに過ぎないので、他に興味のある分野があれば是非チェックしてみてほしい。

 

 

 いずれにせよ、

これからの”レンタル市場”に大きな期待が高まるのは間違いない。

 

 本日の一曲。